海老名畜産・中津ミートの丹沢ハム工房 ハム・ソーセージ


中津ミートは自社農場の海老名畜産と契約農場で育てた豚肉を使用し、精肉およびハム・ソーセージ等の加工品を製造しております。

ハム・ソーセージの特徴

素材が良いと、味付けはシンプルになります。
中津ミートのハム・ソーセージは肉の味を充分に味わうために、
味付けは塩、粗糖、香辛料のみ。
食品添加物や化学調味料は一切使用しておりません。

ロースハムスライスの市販品との比較
hikaku.jpg

ウインナーの製造には、
ドイツの伝統的な製法である温屠体(おんとたい)を使用しています。



屠畜直後の豚肉を解体し、
約8時間以内にペーストにしたものをウインナーの原料に加えています。
そうすることにより天然の結着力を活かし、
食品添加物を使用せずに弾力のあるウインナーを作ることができます。

ontow.jpg

ウィンナーの製造には弾力(食感)や
肉の旨みを閉じ込めるために結着力が非常に重要となります。

弊社では通常肉豚とは別に、
屠殺した死後硬直直前の肉を一部つなぎとして使用する事で、
食品添加物を使用せずに肉に結着力を持たせて
より美味しいウインナーを製造しております。

調味料の特徴

塩は海の精(伊豆大島産)を使用しており、
砂糖は種子島産のサトウキビ100%で作られた「粗糖」を使用しております。

惣菜紹介

原料肉

豚肉は海老名畜産と協力農場で育てた豚肉を、牛肉は茨城県の瑞穂農場で育てた瑞穂牛(F1)を使用。

特徴

家庭の味を出すために、手作りにこだわっております。国産原料を優先し化学調味料などは一切使用しておりません。また、国産の産直野菜を仕入れて、弊社工場でカットしています。鶏ガラスープは長時間骨を煮込んで取っています。






TEL:046-285-3187
FAX:046-286-2866